IBMのプロフィール変更で少しつまずいた件。watsonでチャットボット作りたい①

AIの勉強をしようと、前回IBMのWatsonが使えるサイトに無料登録するところまで行いました。

前回の記事はこちら>AIの勉強にIBMのWatsonを使ってみる。まずは登録から

無事にダッシュボードにアクセスする事は出来ましたが、正直どこから何が出来るのかさっぱり。

取り合えず色々いじって何が出来るのかを見ていきます。

プロフィール変更

画面の右上にある名前をクリックして「プロファイル」を押すとアカウント情報を変更する事が出来ます。

プロフィール画像を登録したり表示名を変えてみたのですが反映まで時間がかかるのか全然変わりません。

と、思ったら右上に表示される名前を変えるのは「プロファイル」ではなくて「請求処理」にありました。

左側のメニュー「請求処理」を押して、アカウント名の横の鉛筆マークから変更します。

少し反映が遅いですが、何度か更新したら無事に右上の名前が変更できました。

こっちだっとは。いくら変更しても変わらないわけだ。

Watsonで出来る事

左上のナビゲーションから表示されるメニューをみると、「Apple開発」「ブロックチェーン」「Webアプリ」など色々気になる単語に隠れて「Watson」を発見しました!

これこれ!これを探してたんですよ、ワトソン君。

Watsonのページを開くと

  • 洞察の抽出
  • チャットボットの作成
  • 音声をテキストに変換

と三つの項目があります。

ちょっと説明を読んでも何をいってるのか良くわかりませんが、折角AIを作るならGoogle Homeみたいに対話できるのがいいです!

音声は難しくてもチャットボットならなんとかなりそうな気も。

という事で、色々調べながらチャットボットを作っていくことに決めました。

AI楽しくなってきた。まだ何もやってないけど。

タイトルとURLをコピーしました